床の間材 | 集成突板床材│木材・材木の卸し・小売販売の専門店 【飯野銘木】

サイトマップ
HOME > 床の間材 > 集成突板床材

床の間材_集成突板床材

床の間材_集成突板床材

突板貼とは天然木を薄くスライスした合板や集成材に貼り付けたものです。練り付け、単板貼などとも言います。
突板を貼る合板や集成材を芯材と言います。主な芯材に、集成芯・ベニヤ芯・積層芯(あんこ)・フラッシュ(太鼓貼)・ベニヤ芯桟付き(裏桟付き)等があります。弊社では、床(トコ)の間材を、無垢材とは別に合板の上に本物の銘木、材木を貼りあわせた商品を取り扱っております。

床の間材_集成突板床材
天然木がもつ自然な美しさを。

天然木ならではの美しさを引き出した集成突板の商品。当社で扱っている商品はスライサーとロータリーの機械で 薄くスライスした商品を取り扱っています。塗装についてはUV塗装システムを取り入れています。
このシステムは光硬化形塗料や、インキ・接着剤などにUV(紫外線)を照射して硬化させます。そのため、短時間で硬い塗膜が出来、耐擦傷性や耐熱性、耐薬性に優れます。


やすらぎの空間を演出。上質素材の床の間商品をお届け致します。

集成突板貼床材は、比較的安価で無垢材のような表情を作り出すことができます。

当社で扱っている商品は、床柱、床板や床前板などの集成突板床の間材を取り扱っています。樹種もケヤキや松、黒檀、紫檀、花梨、胡桃といった豊富なラインナップを取り揃えています。表情豊かな木目をお楽しみください。

床の間材_集成突板床材

床の間材_集成突板床材
集成材の秘密

集成材では乾燥状態といわれる含水率14~15%よりもやや低い11~14%という数字に設定されているため、冷暖房室内にあってもほとんど狂いが生じません。これは現代の家屋構造の建築素材として最適であることを物語っています。耐久性や強度以外のこのようなメリットも、集成材ならではのものです。
特に造作用集成材には、注文建築に幅広く利用できるように、さまざまな部材が揃っており、施工空間、用途に応じて最適の建築素材を選定することができます。当社では、造作用集成材に関して充実したラインアップでお客様のニーズにお答えするべく独自の加工で現場のご要望にこたえる製品構成を行っています。

お問い合わせはこちら

お見積もり依頼はこちら

飯野銘木店 床の間材_集成突板床材のオススメポイント

飯野銘木店 床の間材_集成突板床材のオススメポイント

変僕はすべて送料無料です。

価格OFFの場合

  • ※当店掲載の材木のインターネットショピング時に適用させて頂きます。(お引取り時にも適用致します)
  • ※当店からの配達等の時には、適用出来ない場合がございます。予め御了承下さい。
  • ※各商品は、通常では最大5%OFFです。大口の場合のみ、別途御見積り申し上げます。
  • ※消費税込各商品単価より割引。 計算上生じる小数点以下の端数は、四捨五入でのご提供になります。
  • ※送料や別途加工代は対象金額に含まれません。予めご了承下さい。
  • ※別注品や掲載以外の商品等には適用出来ない場合が御座います。予めご了承ください。

施工写真を送って頂いたお客様には当社より素敵なプレゼントをご用意しております。

各種取扱い商品

床柱

床柱 前丸は正面をかまぼこ型に加工し、根元部分に「たけのこ」と呼ばれる鏡に仕上げた商品です。樹種は黒檀・紫檀・ケヤキなど。

前丸床柱

今ではあまり使われなくなった前彫床柱。美術的細工が巧みであり色つや共に美しい。黒檀や紫檀など唐木類は仏壇などに使われています。

ケヤキ

ケヤキの集成突板貼床の間材です。規格サイズはもちろん、特注サイズもお受けしております(受注生産品)。お気軽にお問い合わせください。

松

松の集成突板貼床の間材です。松は古くから構造材全体を安定させる役目を担ってきました。その松を床の間材に贅沢に使ってみました。

黒檀・紫檀・花梨・胡桃

黒檀・紫檀・花梨・胡桃の集成突板貼です。唐木を使った重厚な木目をお楽しみください。別途特注サイズもお受けしております(受注生産品)。

楓(かえで)

楓(かえで)の集成突板貼床の間材です。その木肌の明るい白さから清潔感の在る空間を演出してくれます。持ち前のナチュラル感あふれる仕上がりが特徴です。

春慶ウレタン・古色・黒杢出し

春慶ウレタン・古色・黒杢出しの集成突板貼です。どの木目も重厚なイメージでシックな空間を演出してくれます。別途特注サイズもお受けしております(受注生産品)。

呂色・春慶ポリ・ケヤキポリ

呂色・春慶ポリ・ケヤキポリの集成突板貼です。 春慶ポリ・ケヤキポリはウレタン塗装よりも厚い塗装膜で仕上げています。ツヤがあり、高級感溢れる空間になること間違いありません。

ページのトップへ