床の間材│木材・材木の卸し・小売販売の専門店 【飯野銘木】

サイトマップ
HOME > 床の間材

床の間材

床の間材

トコという日本語は、頑丈でビクともしない、絶対に変わらないもののこと。「とこしえ(永久)」「とこよ(常世)」などと使われるように、「永遠」という意味を持つ言葉です。現代の床の間は一畳程度、この場所は人が座るための空間ではないので、実用面だけから考えると「もったいない」スペースということ になります。
しかし、今でも一戸建ての多くの家には床の間があり、トコ柱に銘木を使ったりトコ板やトコ天井に特別の材木を使ったりします。
それは、家の中の最上の席を聖なる空間とし、そこを一家の精神の拠り所として生活していた時代の心を映したものと言ってよいでしょう。
古きよき日本人の美意識を床の間に、あなたのお住まいにいかがでしょうか??

床の間材
床の間のある生活

床の間は、和室の構成要素の中で最も重要視され、格式が重んじられ、和室の象徴として大切にされています。 と、昔はこういう風に言ってました。
ここ最近、和室の床の間もお施主様の好みに合わせて変化してきているようです。「オシャレな床の間」みたいな。確かに伝統を重んじることも重要ですが、心地よいお住まいを目指したときにその伝統をいい意味で崩すことも大切だと思います。
しかし、伝統的な床の間材も非常に趣きがあっていいものです。長年、床の間を取り扱ってきた当社 だからこそできる「床の間材」をご提案します。

床の間材の取扱いについて

当社で取り扱っている「床の間材」は集成突板貼床材、無垢床材、床の間に設置する床柱用の丸太、その他をご用意しております。
お客様の理想の床の間にピッタリの商品をぜひ当社でさがしてみてください。

床の間材

はじめる。和のある暮らし。

床の間材

床の間材には形式上いろんな名前があります。上記に示している画像は、一般的な「本床(ほんどこ)」と呼ばれる形式です。他にも色々な形式があり、非常に奥が深いです。
しかし、この形式を気にすることはありません。お客様をお迎えするとき、床の間のような空間が欲しいといったときに、一部を活用してお客様が喜んでくれるような空間にすればいいのです。そして、今まで実用的に作られていなかった床の間を工夫して実用的な空間に仕上げていく。そんな発想もこれから必要になってきます。昔の良さを残しつつ、現代の生活に合った床の間をお住まいに設置してみてはどうでしょうか??

お問い合わせはこちら

お見積もり依頼はこちら

飯野銘木店 床の間材のオススメポイント

飯野銘木店 床の間材のオススメポイント

変僕はすべて送料無料です。

価格OFFの場合

  • ※当店掲載の材木のインターネットショピング時に適用させて頂きます。(お引取り時にも適用致します)
  • ※当店からの配達等の時には、適用出来ない場合がございます。予め御了承下さい。
  • ※各商品は、通常では最大5%OFFです。大口の場合のみ、別途御見積り申し上げます。
  • ※消費税込各商品単価より割引。 計算上生じる小数点以下の端数は、四捨五入でのご提供になります。
  • ※送料や別途加工代は対象金額に含まれません。予めご了承下さい。
  • ※別注品や掲載以外の商品等には適用出来ない場合が御座います。予めご了承ください。

送料無料の場合

  • ※当店掲載の材木のインターネットショピング時に適用させて頂きます。(お引取り時にも適用致します)
  • ※当店からの配達等の時には、適用出来ない場合がございます。予め御了承下さい。
  • ※各商品は、通常では最大5%OFFです。大口の場合のみ、別途御見積り申し上げます。
  • ※消費税込各商品単価より割引。 計算上生じる小数点以下の端数は、四捨五入でのご提供になります。
  • ※送料や別途加工代は対象金額に含まれません。予めご了承下さい。
  • ※別注品や掲載以外の商品等には適用出来ない場合が御座います。予めご了承ください。

施工写真を送って頂いたお客様には当社より素敵なプレゼントをご用意しております。

各種取扱い商品

集成突板床材
集成突板床材は、合板(ベニヤ)の上に本物の銘木、材木を貼った商品です。
無垢材に比べ、表現力は落ちるものの、その雰囲気をお手軽に楽しむにはもってこいの商品です。
ケヤキや楓、松などお好みの木目を楽しんでみてはいかかでしょうか??
無垢床材
昔の家の床の間には、素晴らしい材料が使われていました。代表的なものはケヤキや、松など日本ではお馴染みの銘木たちです。最近は、栃(とち)や楓など明るい色の人気が高くなってきています。
オリジナリティ溢れるあなただけの床の間を演出してみてください。
丸太
床柱の中では有名な京都の北山杉丸太、吉野桧の出節や丸太、その他にも丸太を加工した商品など種類も豊富です。床の間やお茶室に使われることが多く、最近では洋室のアクセントとして取り入れられる方もいらっしゃいます。
天然木の面白さをぜひ味わってください。
ページのトップへ