ダイキンの業務用エアコンと三菱電機の業務用エアコンでは、どちらの取り付け工事費用が高いのか?

業務用エアコンの中でも非常に人気が高いのが、ダイキンと三菱電機の業務用エアコンです。

ダイキンの業務用エアコンと三菱電機の業務用エアコンは、同じタイプのものでも価格に差があります。
≫ 『ダイキンの業務用エアコンと三菱電機の業務用エアコンでは、どちらの取り付け工事費用が高いのか?』

ダイキンの業務用エアコンと三菱の業務用エアコンではどちらが取り付け工事にかかる時間が短くて済むの?

業務用エアコンの中でも人気があるのが、ダイキンと三菱電機の業務用エアコンです。

そんな人気の業務用エアコンですが、どちらが取り付け工事にかかる時間が短くて済むのでしょうか?

これについてですが、同じタイプのものであれば取り付け工事の時間は大きく変わりません。
≫ 『ダイキンの業務用エアコンと三菱の業務用エアコンではどちらが取り付け工事にかかる時間が短くて済むの?』

Panasonicの業務用エアコンの取り付け工事は対応が早い業者に依頼するのがおすすめ!

Panasonicの業務用エアコンと言えば、省エネ効果や脱臭効果、ウイルス対策などに使えるということで様々な場所に導入されています。

そんなPanasonicの業務用エアコンについてですが、取り付け工事を依頼する場合にはどのような業者に依頼するのがよいのでしょうか?
≫ 『Panasonicの業務用エアコンの取り付け工事は対応が早い業者に依頼するのがおすすめ!』

Panasonicの業務用エアコンの取り付け工事で大事なのは、事前の打ち合わせ!

Panasonicの業務用エアコンは、エコナビやナノイーなどが搭載されているものが人気です。

そんなPanasonicの業務用エアコンの取り付け工事についてですが、大事なのは、事前の打ち合わせです。
≫ 『Panasonicの業務用エアコンの取り付け工事で大事なのは、事前の打ち合わせ!』

Panasonicの寒冷地向け業務用エアコンは取り付け工事費用を節約できて、工期も短くできるって本当?

Panasonicの業務用エアコンで、寒冷地向けのKシリーズは、取り付け工事費用を抑えることができて、工期も短縮できると言われていますが、それは本当なのでしょうか?

結論から言えば、PanasonicのKシリーズは、取り付け工事費用を節約でき、工期も短縮できるケースがほとんどです。
≫ 『Panasonicの寒冷地向け業務用エアコンは取り付け工事費用を節約できて、工期も短くできるって本当?』

業務用エアコンの取り付け工事、自社施工と下請けにやらせているところの違い、見抜き方とは?

業務用エアコンの取り付け工事を依頼する際に、注意しておきたい点があります。それは、なるべく自社施工を行っている業者に依頼するということです。業務用エアコンの取り付け工事についてですが、2つのタイプがあります。見積りから施工までを自社のみで行っている自社施工と下請け業者などにやらせている業者の2つです。

≫ 『業務用エアコンの取り付け工事、自社施工と下請けにやらせているところの違い、見抜き方とは?』

業務用エアコンと家庭用エアコンの違いについて

オフィスなどの会社でエアコンを設置される場合、業務用エアコンがあります。
でも飲食店や商業施設、工場といった特殊な環境、広い場所だったりすると業務用エアコンが必要になるというのには納得することができます。
家庭用エアコンではそれだけの範囲に空調を効かすのには無理がありますし、また特殊な空調環境が必要になるという場合にも家庭用環境では無理だという事がわかります。
≫ 『業務用エアコンと家庭用エアコンの違いについて』

病院に設置する場合の選び方

病院や医院で業務用エアコンを設置する場合にはどういった選び方をして業務用エアコンを選べばよいのでしょうか。
まず業務用エアコンと一言で言っても様々なタイプのものが販売されています。
そしてその能力などによっても差があります。
馬力数などにも違いがあります。
業務用エアコンを設置する環境に対して、最適であるタイプの業務用エアコンを選ぶ必要があるのです。
≫ 『病院に設置する場合の選び方』

学校に設置する際の選び方

学校にエアコンを設置することによって、学校に通って授業を受けている生徒の勉強を効率よく頭に入れることができるというメリットがあります。
夏場の暑すぎる環境や冬場の寒すぎる環境は生徒にとってだらけてしまう原因にもなってしまいかねません。
また夏場は熱中症なども心配になります。
≫ 『学校に設置する際の選び方』

業務用エアコンの能力にはどのようなものがあるの?

業務用エアコンを選ぶ際には、その能力が非常に重要であると言われています。業務用エアコンの能力を示すのが馬力と呼ばれるものです。この馬力が高くなればなるほど、能力が高いということになります。一般的な馬力の種類については以下のようなものがあります。

  • ・1.5馬力
  • ・1.8馬力
  • ・2馬力
  • ・2.3馬力
  • ・2.5馬力
  • ・3馬力
  • ・4馬力
  • ・5馬力
  • ・6馬力
  • ・8馬力
  • ・10馬力
  • ・12馬力

などのものがあります。この他にも20馬力や30馬力以上の業務用エアコンがあります。この業務用エアコンの能力については、部屋の広さだけでなくその他の状況を加味しながら検討します。ですから、同じ部屋の広さであっても同じ能力のものを入れる場合もありますし、1馬力、もしくは2馬力上のものを提案するという場合もあります。一番大切なのは、その業務用エアコンがしっかりと部屋の中を冷やす、暖めることが出来るのかどうか?ということになります。

どのくらいの能力を持ったものを選べばよいのかについては、専門の業者と相談をしながら検討するようにするとよいでしょう。馬力によって価格も異なりますので、価格もしっかりとチェックしておきましょう。

業務用エアコンの必要性について

業務用エアコンを導入するには、費用がかかります。業務用エアコンの馬力や台数にもよりますが、少なくても数十万円の費用がかかるため導入を迷っているという経営者もいるようです。そもそも業務用エアコンは必要なものなのでしょうか?

近年の日本の夏場は猛暑で、室内にいる場合には業務用エアコンがないととても業務を行うことが出来ないことも珍しくありません。店舗の場合であれば従業員はもちろんですが、お客さんにも悪影響を与えてしまうことになります。また、オフィスでも同じように猛暑の中で業務を続けるのは不可能ですし、従業員のモチベーションも確実に低下してしまいます。また、業務用エアコンがないことで従業員が体調を崩してしまうなどということになると、会社側の管理責任を問われるという可能性もあります。

このようなことからも、業務用エアコンの設置は出来るだけ行うようにするのがよいでしょう。昔であれば、業務用エアコンがないというところもあったでしょうが、近年の日本の暑さを考えると、業務用エアコンなしで過ごすのはほぼ不可能であると言えるでしょう。業務用エアコンはリースもあるので、ぜひ導入を検討していきましょう。

業務用エアコンは見積からどのくらいで工事が出来る?

業務用エアコンを導入したいという場合には、まず業者に依頼をして現在の状況を確認してもらい見積を依頼します。業務用エアコンの場合、気になるのが見積から最短でどのくらいの期間で導入することが出来るのか?ということです。これを把握しておくのと、そうでないのとでは大きな違いです。

導入されるまでの期間は、それぞれの状況によって異なります。まず、業務用エアコンの手配をする必要がありますし、工事を行うのに必要な資材の準備、ビルやマンションなどの高い場所であればクレーン車の手配なども行う必要があります。このような場合には通常よりも時間がかかることがあります。

繁忙期などを除き、一般的には見積を依頼して、正式に工事を業者が受注してから最短で約1週間というのが目安となっています。そのため、業務用エアコンの導入を検討しているという場合には、導入までのスケジュールに余裕を持って業者に見積を依頼するようにしましょう。見積から工事を行うまでの期間については、業者によっても異なりますので、現地調査の際に最短でどのくらいで工事を行うことが出来るのかというのを確認しておくようにするとよいでしょう。

業務用エアコンの故障は買い替えも検討しよう

長年業務用エアコンを使用していると、故障してしまうという場合があります。購入してからすぐに壊れるということはほとんどありませんが、どうしても年数が経過すると故障するリスクが高まります。業務用エアコンの場合、故障した場所によっては買い替えを検討するという必要があります。

例えば、故障したのがコンプレッサーなどの場合には、修理よりも買い替えを検討したほうがよいというのが結論です。コンプレッサーを交換するとなるとかなりの金額が必要になります。もちろん導入してからあまり年数が経っていないという場合には、修理で対応するというのもよいですが、10年近く経っているという場合であれば修理よりも買い替えを検討しましょう。

業務用エアコンは、どうしても長年しようしていると劣化してしまいます。部品に不具合が生じるという場合もありますので、ある程度の年数が経っているという場合には入れ替えを検討しましょう。修理が必要になった場合には、まず見積を依頼してどのくらいの費用で直せるのかを把握しましょう。修理費に何十万円もかかるようなら迷わず入れ替えをしてしまうのが絶対にお得ですよ。

業務用エアコンの洗浄について

お店や会社に設置されている業務用エアコンのフィルターなどは、定期的に掃除をして綺麗にしているという人も多いでしょう。しかし、業務用エアコンの場合にはフィルターだけを掃除しても内部には汚れが残っているというケースが少なくありません。

このような汚れが、中にたまってしまうと、フィルターや熱交換器にその汚れがついて詰まってしまい、水漏れや故障などの原因になってしまうということがあります。また、その汚れをそのままにしてしまうと、嫌なニオイが発生するということもあります。このようなことを防ぐには、これだけを清掃するのではなく、洗浄して内部までしっかりと綺麗にするという必要があります。

これを洗浄することによって、中にたまっている汚れやカビ、雑菌などを綺麗に取り除くことが出来ます。このような洗浄作業については、自分自身で行うのは大変ですので、専門の業者に依頼して行うようにするということが非常に大切です。メーカーによっては、このようなサービスを行なっているところもあるので、チェックしてみましょう。メーカーが行っているものであれば、安心感があります。内部まで綺麗にすることで長持ちさせられますので、おすすめですよ。

業務用エアコンは新規と入れ替えでは作業時間が異なる

業務用エアコンを新規で導入したいと考えている人や現在使用しているものが、古くなってしまったので入れ替えたいと考えている人がいるでしょう。そのような人達に知っておいて欲しいのが、業務用エアコンは新規で導入する場合と入れ替えでは作業時間が大きく異なるという点です。

新規の場合には、そのまま新しい業務用エアコンを取り付けることが出来ますが、入れ替えの場合には、まず既存の業務用エアコンを撤去してから新しい業務用エアコンを設置するという形になります。既存の業務用エアコンについてはすぐに撤去することが出来るというわけではなく、まず中に入っている冷媒ガスをすべて回収してからでないと撤去することが出来ません。この冷媒ガスを回収する時間は数時間必要になるという場合もあります。入っている冷媒ガスの量は機種や容量などによって異なりますので、一概にどのくらいの時間がかかるかはわかりません。

このように、新規で導入するという場合と入れ替えの場合では作業時間が異なります。予定していた作業時間が延長になるという場合もありますので、スケジュールには余裕を持っておく必要がありますよ。

業務用エアコンは室外機の音に注意

業務用エアコンをどれにしようか選ぶ際のポイントとして、室外機の音が重要であるということを知っているでしょうか?室外機は部屋の外に設置するのだから、音なんて気にならないよと言っている人もいますが、それは大きな間違えです。音を気にするのは自分ではなく周りの人です。とくに近年では近所トラブルの多くが騒音であると言われています。

そのため、業務用エアコンの室外機の音がうるさいと言われてしまう可能性があるのです。このようなことを防ぐためには、出来るだけ音が静かなものを選ぶのがポイントです。とくに建物が隣接している場所で、業務用エアコンを使用する際には注意が必要なのです。設置した後からうるさいと言われてしまうと、非常に困りますので機種選びの際に室外機の音が出来るだけ静かなものを選ぶようにしましょう。運転の音というとどうしても室内機の方が注目されていますが、近年ではこのような近所トラブルに発展するということも想定しながら業務用エアコンを選ばなければなりません。

どのくらいの音が出るのかについては、各メーカー、各機種に記載されているので、そちらもチェックしてみるとよいでしょう。

業務用エアコンの壁掛形

業務用エアコンには、様々な形のものがあります。その中でも店舗などに使用されることが多いのが壁掛形と呼ばれる形の業務用エアコンです。これは、名前からもわかるように天井などに埋め込むタイプではなく、壁に取り付けるタイプのものです。大きな特徴としては、すっきりと収まるのでスペースをそれほど取らずに済みますし、デザインも周りに溶け込むので、店舗などに設置するのにおすすめです。天井に埋め込むタイプの天井カセット形などと比較すると、取り付けも比較的容易であると言われています。

店舗などで天井や床などに設置するスペースがないという場合でも、安心して取り付けることが出来ます。壁掛形のタイプだと風量が心配という声もよく聞かれますが、業務用エアコンなので、しっかりと冷やす、もしくは暖めることが出来ます。壁掛形タイプの業務用エアコンは色々なメーカーから出ていますので、それぞれのメーカーの製品情報などをチェックしてみるとよいでしょう。

壁掛形タイプの業務用エアコンを選ぶ場合には、部屋や店舗の面積だけでなく、熱源の有無などもしっかりと考慮して業務用エアコンの能力を決めるようにしましょう。能力が足りないと冷やすことや暖めることが出来ません。

業務用エアコンは何年くらい使用することが出来るのか?

業務用エアコンを購入する前に、知っておきたいのが業務用エアコンはどのくらいの年数使用することが出来るものなのか?ということです。業務用エアコンが何年くらい使用できるかというのは、使用している環境とメンテナンスの頻度によって異なります。一般的な条件で使用しているという場合には、約10~15年程度使用することが出来ると言われています。また、定期的にきちんとメンテナンスを行うことでさらにその年数を伸ばすという事も出来ます。実際に、業務用エアコンを20年もしくは30年近く使用しているというケースもあります。

反対にメンテナンスなどを全然行わないなどという場合には、10年持たずに故障してしまう、買い替えが必要になってしまうなどということもあります。業務用エアコンを10年前後使用しているという場合には、入れ替えの時期も検討するようにしましょう。寿命が近づいているので、いつ壊れてもおかしくないという状態です。業務用エアコンは安いものではありませんので、しっかりと入れ替えのスケジュールを立ててそのための資金を早めに準備するということがとても大切になります。ぜひ、覚えておきましょう。

業務用エアコンは室内機1台と室外機1台の組み合わせだけではない

一般的な業務用エアコンの場合には室内機1台と室外機1台が1セットになっています。しかし、すべての業務用エアコンがそのようになっているというわけではありません。よく聞かれるシングル、ツイン、トリプル、ダブルツインなどという言葉がありますが、これはどのような意味なのでしょうか?

シングルというのは一般的な組み合わせで、室内機1台と室外機が1台となります。ツインという場合には、室内機2台と室外機が1台の組み合わせのことをいいます。トリプルという場合には、室内機3台と室外機1台の組み合わせのことをいいます。ダブルツインとは、室内機4台と室外機1台の組み合わせのことをいいます。

室外機が何台もあると設置するスペースもかなり必要になりますが、このように室外機が少ないと設置するスペースも少なくて済むのでとてもおすすめです。広い部屋やいくつかの部屋に分けて使用するなどという場合におすすめです。同時に運転することが出来る、同時ツイン、同時トリプル、同時ダブルツインなどの種類もあります。個別タイプと同時タイプがあるということも覚えておくと便利ですよ。

業務用エアコンは埋込タイプと露出どっちがいいの?

業務用エアコンには、大きくわけると埋込タイプと露出タイプのものがあります。埋込タイプは、一般的によく見かける天井カセット形などのものです。露出タイプは壁掛形や床置形などの業務用エアコンのことを言います。部屋の中をすっきりと見せたい、見た目や周りとの調和を優先するのであれば、埋込タイプの方が良いでしょう。ただし、通常の場合露出タイプと比べて施工までに時間がかかると言われています。その点には注意が必要です。

露出タイプは大きな穴を開ける必要がなく、天井のふところがないという場合でも設置することが出来るというメリットがあります。業務用エアコン本体を埋め込む必要がないため、埋込タイプと比べると色々な場所に、設置することが出来ます。床置形なら天井カセットと比べて清掃する際にとても便利です。埋込タイプと露出タイプのどちらがいいのかについては、それぞれの部屋の状況などによって異なります。その部屋の形状、状況にあったものを選択するようにしましょう。どちらを選べばよいのかわからないという場合には、設置業者とよく相談して取り付け位置や機種を決めるようにするとよいでしょう。

業務用エアコンの風についてのお役立ちコンテンツ

業務用エアコンの風が苦手な人
業務用エアコンを運転している時に、気になるのが風が直接あたるということではないでしょうか?業務用エアコンの風が直接当たるのが苦手という人は結構多いです。とくに、女性の方などに多いです。そんな人に、おすすめなのが風よけカバーです。このカバーをルーバーに設置することによって業務用エアコンの風が直接自分にあたるのを防ぐことが出来ます。この風よけカバーについては、インターネット通販などで簡単に購入することが出来ますので、業務用エアコンの風があたって寒いなどという場合には、購入を検討してみるとよいでしょう。価格は色々なタイプのものがありますがだいたい1万円前後で購入することが出来ますよ。

業務用エアコンの風向について
業務用エアコンを運転する時に、覚えておくと便利なのが風向についてです。業務用エアコンの風向を調整するためには、リモコンで操作しますがどのような設定にしていますか?業務用エアコンの場合、冷房運転時には風向を水平もしくは自動にするのがおすすめです。冷房を運転する際に、風向が下向きになっていると部屋を涼しくするのに、時間がかかりますし、部屋全体を涼しくすることが出来ません。もしも、冷房が効かないと感じたら、風向をチェックしてみてください。風向が下向きになっているという場合には、水平もしくは自動に調整すると、冷房を効果的に使用することが出来ますよ。ぜひ、今後使う時にはチェックしてみてください。

業務用エアコンの風量の設定は?
業務用エアコンの運転をする際に、迷うのが風量についてです。業務用エアコンの風量はどれに設定しておけばよいのでしょうか?機種などにもよりますが、強風、弱風などいくつかの設定から選べるようになっています。業務用エアコンの風量は、自動に設定しておくのがおすすめです。自動に設定しておくことで、一番効率的な形で調整をしてくれるからです。業務用エアコンの風量を設定するのはとても簡単で、リモコンから簡単に設定することが出来ます。操作方法がわからないという場合には、説明書を見ながら操作をしてみるとよいでしょう。今までは、風量を頻繁に切り替えていたという人はぜひ、自動で運転するようにしてみてください。