羽目板│木材・材木の卸し・小売販売の専門店 【飯野銘木】

サイトマップ
HOME > 羽目板

羽目板

羽目板とは?

壁板のことです。板をならべて張った壁を羽目といい、板をならべて張る壁用の板を羽目板といいます。重ねてずらして張られた板も、板同士を並べて上から細い板で張られた板も、小口部分を加工した本実加工や、あいじゃくり加工された板も羽目板です。
部屋内に使われる場合が多いですが、他にも天井、外壁、庭の生垣に使われることもあります。

羽目板
森林浴をご自宅で

無垢の羽目板には、お部屋の環境を守る機能が備わっています。夏の暑い季節には、空気中の水分を吸収し(調湿効果)サラッとした心地よさを演出し寒い冬には、お部屋の温度を一定に保とうとする働きで暖房効果を高めてくれます。
部屋にいながらにして森林浴をしているかのような効果が得られます。外気の影響を受けにくく、音を吸収しやすい効果も期待できます。癒しの空間を演出し、五感で快適さを感じられるホッと安らげる家そんな家にこそ”無垢の木”を提案します。

低価格・高品質の羽目板。

当社では、人気の高い杉から日本の代表的な材木として知られる桧や、ヒバ、竹など多様な樹種の羽目板を取り扱っております。節の存在感を感じて頂ける特一(とくいち)というランクの商品や、木目の豊かさを楽しんで頂ける節の少ないムジ上小といった商品を長年培ってきた銘木店の目利きによって選び出した高品質の羽目板です。無垢材は産地によって、樹種によって木目や色合い、香りなども全く違ってきます。
当社では仕入先を厳選し、商品を調達、発送まで一括管理してお客様に商品をお届けしております。
羽目板のご要望・お問い合わせはぜひ飯野銘木店までお気軽にどうぞ。

羽目板

羽目板
表情も様々な羽目板

当社で取り扱っている羽目板は、使用する場所や貼り方によって実に様々な表情を見せます。

塗装品か無塗装品か?
本実加工かあいじゃくり加工か?
縦張りか横張りか?
狭い幅か広い幅か?
2M張りか4M張りか?
などなど。

例えば、無塗装品であれば、納入される時点では無垢の木目のまま。そこに自分で好きな塗料を塗って世界でただ一つの素敵な空間を演出することができます。塗料の種類にもオイル仕上げや、自然塗料仕上げなどその種類は豊富で、ご自身に合わせた空間で快適に過ごせることと思います。当社では、お客様の素敵な空間をつくるお手伝いを心を込めて応援致します。

お問い合わせはこちら

お見積もり依頼はこちら

飯野銘木店 羽目板のオススメポイント

飯野銘木店 羽目板のオススメポイント

変僕はすべて送料無料です。

3万円以上お買い上げのお客様には5%オフ

送料無料の場合

  • ※一部地域では、適用出来ない場合が御座います。予め御了承下さい。
  • ※当店掲載の材木のインターネットショピング時に適用させて頂きます。
  • ※当店からの配達等が必要な時には、適用出来ない場合がございます。予め御了承下さい。

価格OFFの場合

  • ※当店掲載の材木のインターネットショピング時に適用させて頂きます。(お引取り時にも適用致します)
  • ※当店からの配達等の時には、適用出来ない場合がございます。予め御了承下さい。
  • ※各商品は、通常では最大5%OFFです。大口の場合のみ、別途御見積り申し上げます。
  • ※消費税込各商品単価より割引。 計算上生じる小数点以下の端数は、四捨五入でのご提供になります。
  • ※送料や別途加工代は対象金額に含まれません。予めご了承下さい。
  • ※別注品や掲載以外の商品等には適用出来ない場合が御座います。予めご了承ください。

施工写真を送って頂いたお客様には当社より素敵なプレゼントをご用意しております。

※無垢製品は、「自然木」のため、色あい・木目などにばらつきがあります。
また湿度の変化により若干、伸び縮みする為、ごくわずかな目隙れ・反りが稀に発生する場合があります。
当社は 天然乾燥させることにより、このような木材の欠点を軽減させておりますが、無垢材の特性をご理解の上、ご注文下さい。

各種取扱い商品

杉

販売量が多く、人気の高い樹種で、温かみのある柔らかな感触で四季を通して快適な室内空間を保ちます。価格も安定していてお求めやすい材木です。外装材(外壁/軒天)・内装材(天井/腰壁/壁板)DIY(日曜大工)に最適です。

桧

木肌の艶や滑らかな肌触りは、お部屋をさりげなく飾り、年数を経ることに風合いを深める木材です。言わずと知れた日本を代表する高級木材で、落ち着いた色合い、綺麗な木目、香りとも最高です。

その他

日本で昔から親しまれてきた自然素材、心地よく快適に過ごすためには欠かせないものです。無垢材には独特の木目柄があり、時に我々が予想にもしなかった模様が現れたりもし、まさに世界にただ一枚の板が生み出されます。国産材、海外産材の羽目板をここでは紹介していきます。

ページのトップへ