業務用エアコンのリースで覚えておくべきポイントは?

HOME » 業務用エアコンリースの基礎知識 » 業務用エアコンのリースで覚えておくべきポイントは?

業務用エアコンのリースで覚えておくべきポイントは?

業務用エアコンの本体を購入して、取り付け工事を行うとなると、かなりのまとまった費用が必要になります。
少なくとも、30~50万円くらいの費用がかかることになるでしょう。
それだけの費用を準備するのは、大変です。
そこで、オフィスや店舗でよく利用されているのが、リース契約で導入するという方法です。
初期費用がかからないということから、非常に人気ですが、覚えておかなければならないポイントもあります。

まず、初期費用はかからないのが一般的ですが、支払総額では、購入するよりも多くなります。
リース代には、金利、保険料、固定資産税などの費用が含まれるため支払総額で比べると、購入するよりも多くのお金を支払うことになります。

また、所有権がないというのも覚えておかなければなりません。
リース会社に所有権があるため、勝手に売却するなどということはできません。
長い期間リース代を支払っても、所有権は買い取りオプション契約などをしていない限り、契約者に移ることはないのです。

さらに、途中で解約することは原則できません。
途中で経営状態が悪化してしまった、移転をしなければならないなどという場合でも、途中で解約することはできません。
自己都合によりどうしても、契約を解除するという場合には、残りのリース料を一括で支払うことになります。
また、契約によっては、違約金などが発生する場合もあります。
リースはとても便利なものですが、注意しなければならないこともありますので、覚えておきましょう。
業務用エアコンのリースの相談は、新空調がオススメです。

業務用エアコンの風についてのお役立ちコンテンツ

業務用エアコンの風が苦手な人
業務用エアコンを運転している時に、気になるのが風が直接あたるということではないでしょうか?業務用エアコンの風が直接当たるのが苦手という人は結構多いです。とくに、女性の方などに多いです。そんな人に、おすすめなのが風よけカバーです。このカバーをルーバーに設置することによって業務用エアコンの風が直接自分にあたるのを防ぐことが出来ます。この風よけカバーについては、インターネット通販などで簡単に購入することが出来ますので、業務用エアコンの風があたって寒いなどという場合には、購入を検討してみるとよいでしょう。価格は色々なタイプのものがありますがだいたい1万円前後で購入することが出来ますよ。

業務用エアコンの風向について
業務用エアコンを運転する時に、覚えておくと便利なのが風向についてです。業務用エアコンの風向を調整するためには、リモコンで操作しますがどのような設定にしていますか?業務用エアコンの場合、冷房運転時には風向を水平もしくは自動にするのがおすすめです。冷房を運転する際に、風向が下向きになっていると部屋を涼しくするのに、時間がかかりますし、部屋全体を涼しくすることが出来ません。もしも、冷房が効かないと感じたら、風向をチェックしてみてください。風向が下向きになっているという場合には、水平もしくは自動に調整すると、冷房を効果的に使用することが出来ますよ。ぜひ、今後使う時にはチェックしてみてください。

業務用エアコンの風量の設定は?
業務用エアコンの運転をする際に、迷うのが風量についてです。業務用エアコンの風量はどれに設定しておけばよいのでしょうか?機種などにもよりますが、強風、弱風などいくつかの設定から選べるようになっています。業務用エアコンの風量は、自動に設定しておくのがおすすめです。自動に設定しておくことで、一番効率的な形で調整をしてくれるからです。業務用エアコンの風量を設定するのはとても簡単で、リモコンから簡単に設定することが出来ます。操作方法がわからないという場合には、説明書を見ながら操作をしてみるとよいでしょう。今までは、風量を頻繁に切り替えていたという人はぜひ、自動で運転するようにしてみてください。