業務用エアコンと家庭用エアコンの違いについて

HOME » 業務用エアコンの基礎知識 » 業務用エアコンと家庭用エアコンの違いについて

業務用エアコンと家庭用エアコンの違いについて

オフィスなどの会社でエアコンを設置される場合、業務用エアコンがあります。
でも飲食店や商業施設、工場といった特殊な環境、広い場所だったりすると業務用エアコンが必要になるというのには納得することができます。
家庭用エアコンではそれだけの範囲に空調を効かすのには無理がありますし、また特殊な空調環境が必要になるという場合にも家庭用環境では無理だという事がわかります。

ではそんなに広くない事務所、オフィスなどでは業務用エアコンではなく家庭用エアコンでも十分ではないのかという考えも出てくることでしょう。
そもそも業務用エアコンと家庭用エアコンに違いってあるものなのでしょうか。

実はこの業務用エアコンと家庭用エアコンにはそんなに大きな違いはないのです。
ですからそのオフィスの広さなどと関連して必要とされる馬力数があっていれば特に業務用エアコンであっても家庭用エアコンであっても、そのどちらを設置しても問題はないのです。

大きな違いはありませんがそれでも違いはいくつかあります。
まず電源の違いです。
基本的に多くの一般的な家庭用エアコンでは電源が単相200Vとなっているのに対して業務用エアコンの場合では電源が単相200Vと三相200Vと両方あるんですね。
新たに三相200Vを引くとなると別途で電気工事、電力会社との契約が必要になります。

またこの単相と三相の兼ね合いによって電気代にも違いが出てきます。
単相の場合は基本料金が安くて使用料金が高くなりますが三相の場合は基本料金が高くて使用料金が安くなります。
また室外機にも違いがあります。