三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事は家庭用よりも時間がかかるって本当?

HOME » 業務用エアコンの基礎知識 » 三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事は家庭用よりも時間がかかるって本当?

三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事は家庭用よりも時間がかかるって本当?

業務用エアコンの人気メーカーの1つに三菱電機がありますが、三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事は家庭用よりも時間がかかると言われていますが、本当なのでしょうか?

結論から言えば、三菱電機の業務用エアコンに限らず他のメーカーでもそうですが、家庭用よりも業務用エアコンの方が取り付け工事にかかる時間は長くなります。

長くなる理由は色々あるのですが、簡単に言うと、家庭用よりもやすことがたくさんあるからと言えます。

また、家庭用であれば、室内機、室外機を1人で取り付けるということも可能ですが、業務用エアコンの場合には、最低でも2人以上いないと取り付け工事を行うことができません。

室内機、室外機ともに家庭用よりも重いので、1人で設置するのが難しいのです。

無理やり1人で設置しようとすると事故や怪我などにつながる恐れがあるので、注意をしなければなりません。

家庭用と大きく異なる点は、窒素ガスを使って気密試験を行うということです。

家庭用の場合には、窒素ガスを使って気密試験を行うということはほとんどありませんが、業務用エアコンの場合には、必ず気密試験が行われます。

この気密試験には一定の時間が必要になりますので、家庭用のように、60~120分程度で全体の取り付け作業が終了するということはありません。

家庭用よりも数倍の時間が必要になります。

このような理由によって、業務用エアコンの取り付け工事にはどうしても家庭用よりも時間がかかってしまうのです。

さらに、既存の業務用エアコンを撤去する場合などには、冷媒ガスを回収する、既存の業務用エアコンを撤去するという作業も必要になってきますので、その分余計に時間がかかります。

取り付け工事にかかる時間については、現場の状況、設置台数、設置場所、既存の業務用エアコンの有無などによって異なりますが、基本的には、1日がかりの作業になるということを理解しておくとよいでしょう。

取り付け工事にかかる時間が気になるという場合には、あらかじめ三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事を依頼する業者に確認しておくとよいでしょう。

作業時間はあくまでも目安なので、作業時間が前後するということがあります。

これから、三菱電機の業務用エアコンを取り付けたいと考えている人は理解しておくとよいでしょう。

業務用エアコンの風についてのお役立ちコンテンツ

業務用エアコンの風が苦手な人
業務用エアコンを運転している時に、気になるのが風が直接あたるということではないでしょうか?業務用エアコンの風が直接当たるのが苦手という人は結構多いです。とくに、女性の方などに多いです。そんな人に、おすすめなのが風よけカバーです。このカバーをルーバーに設置することによって業務用エアコンの風が直接自分にあたるのを防ぐことが出来ます。この風よけカバーについては、インターネット通販などで簡単に購入することが出来ますので、業務用エアコンの風があたって寒いなどという場合には、購入を検討してみるとよいでしょう。価格は色々なタイプのものがありますがだいたい1万円前後で購入することが出来ますよ。

業務用エアコンの風向について
業務用エアコンを運転する時に、覚えておくと便利なのが風向についてです。業務用エアコンの風向を調整するためには、リモコンで操作しますがどのような設定にしていますか?業務用エアコンの場合、冷房運転時には風向を水平もしくは自動にするのがおすすめです。冷房を運転する際に、風向が下向きになっていると部屋を涼しくするのに、時間がかかりますし、部屋全体を涼しくすることが出来ません。もしも、冷房が効かないと感じたら、風向をチェックしてみてください。風向が下向きになっているという場合には、水平もしくは自動に調整すると、冷房を効果的に使用することが出来ますよ。ぜひ、今後使う時にはチェックしてみてください。

業務用エアコンの風量の設定は?
業務用エアコンの運転をする際に、迷うのが風量についてです。業務用エアコンの風量はどれに設定しておけばよいのでしょうか?機種などにもよりますが、強風、弱風などいくつかの設定から選べるようになっています。業務用エアコンの風量は、自動に設定しておくのがおすすめです。自動に設定しておくことで、一番効率的な形で調整をしてくれるからです。業務用エアコンの風量を設定するのはとても簡単で、リモコンから簡単に設定することが出来ます。操作方法がわからないという場合には、説明書を見ながら操作をしてみるとよいでしょう。今までは、風量を頻繁に切り替えていたという人はぜひ、自動で運転するようにしてみてください。