三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事は、店舗工事とは別にした方がお得!

HOME » 業務用エアコンの基礎知識 » 三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事は、店舗工事とは別にした方がお得!

三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事は、店舗工事とは別にした方がお得!

業務用エアコンは、店舗にとってなくてはならない存在です。

業務用エアコンの有無によって売上が大きく変わるということもあります。

それくらい重要なものです。

店舗の場合、一定の間隔で改装工事、店舗工事を行うことがあると思いますが、その際に一緒に業務用エアコンの取り付け工事を依頼してしまうという人が多いのではないでしょうか?

店舗に取り付ける業務用エアコンとしては、三菱電機の業務用エアコンが人気ですが、店舗工事の際に工務店などに一緒にお願いしてしまうのは、あまりおすすめできません。

三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事を依頼するのであれば、工務店などに依頼するのではなく、業務用エアコンの専門業者に直接依頼する方が安く済ませられるので、お得です。

工務店などにお願いしてしまうと、中間のマージンが発生してしまうので、その分直接、業務用エアコンの専門業者に依頼するよりも高くなってしまうのです。

工務店などにもよりますが、直接依頼するよりも約1.5~2倍の費用がかかるというケースも少なくありません。

そのため、三菱電機の業務用エアコンを店舗工事の際に、取り付けたいという場合には専門の業者に直接依頼をするのがおすすめです。

業務用エアコンにかかる費用が最も安く済ませられます。

もっと言ってしまうと、業務用エアコンの専門業者にも色々なタイプがあります、販売だけのところと取り付け工事も行っているところ、修理を中心にやっているところなどです。

業務用エアコンの専門業者の中には、三菱電機の業務用エアコンを販売、取り付け工事、アフターサービス(修理を含む)を一貫してやっている業者がありますので、そこに取り付け工事を依頼するのが、安いですし、安心です。

アフターサービスまで一貫してやっている業者であれば万が一、業務用エアコンの不具合、トラブルの際でもすぐに駆けつけてもらうことができます。

三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事を依頼するのなら、工務店ではなく専門の業者に直接依頼するのがお得ですよ。

また、業務用エアコンの専門業者は、工務店などと連携して取り付け工事を行うということも可能です。

店舗の改装工事、店舗工事などにあわせて三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事をしてくれるので、安心です。

店舗工事、改装工事などで、工務店などと連携して取り付け工事を行いたいという人は、まずは専門の業者に相談してみるとよいでしょう。

業務用エアコンの風についてのお役立ちコンテンツ

業務用エアコンの風が苦手な人
業務用エアコンを運転している時に、気になるのが風が直接あたるということではないでしょうか?業務用エアコンの風が直接当たるのが苦手という人は結構多いです。とくに、女性の方などに多いです。そんな人に、おすすめなのが風よけカバーです。このカバーをルーバーに設置することによって業務用エアコンの風が直接自分にあたるのを防ぐことが出来ます。この風よけカバーについては、インターネット通販などで簡単に購入することが出来ますので、業務用エアコンの風があたって寒いなどという場合には、購入を検討してみるとよいでしょう。価格は色々なタイプのものがありますがだいたい1万円前後で購入することが出来ますよ。

業務用エアコンの風向について
業務用エアコンを運転する時に、覚えておくと便利なのが風向についてです。業務用エアコンの風向を調整するためには、リモコンで操作しますがどのような設定にしていますか?業務用エアコンの場合、冷房運転時には風向を水平もしくは自動にするのがおすすめです。冷房を運転する際に、風向が下向きになっていると部屋を涼しくするのに、時間がかかりますし、部屋全体を涼しくすることが出来ません。もしも、冷房が効かないと感じたら、風向をチェックしてみてください。風向が下向きになっているという場合には、水平もしくは自動に調整すると、冷房を効果的に使用することが出来ますよ。ぜひ、今後使う時にはチェックしてみてください。

業務用エアコンの風量の設定は?
業務用エアコンの運転をする際に、迷うのが風量についてです。業務用エアコンの風量はどれに設定しておけばよいのでしょうか?機種などにもよりますが、強風、弱風などいくつかの設定から選べるようになっています。業務用エアコンの風量は、自動に設定しておくのがおすすめです。自動に設定しておくことで、一番効率的な形で調整をしてくれるからです。業務用エアコンの風量を設定するのはとても簡単で、リモコンから簡単に設定することが出来ます。操作方法がわからないという場合には、説明書を見ながら操作をしてみるとよいでしょう。今までは、風量を頻繁に切り替えていたという人はぜひ、自動で運転するようにしてみてください。