ダイキンの業務用エアコンと三菱電機の業務用エアコンでは、どちらの取り付け工事費用が高いのか?

HOME » 業務用エアコンの基礎知識 » ダイキンの業務用エアコンと三菱電機の業務用エアコンでは、どちらの取り付け工事費用が高いのか?

ダイキンの業務用エアコンと三菱電機の業務用エアコンでは、どちらの取り付け工事費用が高いのか?

業務用エアコンの中でも非常に人気が高いのが、ダイキンと三菱電機の業務用エアコンです。

ダイキンの業務用エアコンと三菱電機の業務用エアコンは、同じタイプのものでも価格に差があります。

若干ですが、ダイキンの業務用エアコンの方が高いということが多いですが、取り付け工事費についてはどちらの方が高いのでしょうか?

まず、結論から言えば、ダイキンの業務用エアコンと三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事費用に差はないということです。

これは、あくまでも同じタイプの場合の話になります。

また、環境、設置場所、能力によっては費用に差がでますが、単純に同じタイプ、同じ能力であれば、基本的にはメーカーの違いによって取り付け工事費用が変わるということはありません。

業務用エアコンの本体価格は、メーカーによって差がありますが、取り付け工事費用については基本的にメーカーによる差はないということを知っておきましょう。

ダイキンの業務用エアコンでも三菱電機の業務用エアコンでも好きな方を取り付けるようにするとよいでしょう。

ただし、さきほども触れたように、業務用エアコンのタイプが違う場合や能力が違う場合、高所に設置する場合などは、取り付け工事費用に差がでますので、注意をする必要があります。

天カセと壁掛、床置タイプでは、天カセの方が、取り付け工事費用が高くなります。

取り付け工事費用についてですが、取り付け工事を行う前に業者から見積りをもらうのが一般的です。

その見積りの際に、ダイキンの業務用エアコンの場合と三菱電機の業務用エアコンの場合の2パターンの見積りをもらってみるとよいでしょう。

取り付け工事費用については、大きな差はでないはずです。

ダイキンや三菱電機の業務用エアコンの取り付け工事については、対応している業者も多いですが、取り付け工事実績、取り付け工事保証などがあるかをしっかりとチェックしながら、業者を選ぶようにするとよいでしょう。

取り付け工事費用については、業者によって異なるので、安いのはもちろんですが信頼できる業者に取り付け工事を依頼するようにすることをおすすめします。

人気のダイキンと三菱電機の業務用エアコンのどちらにしようか迷っているという人は、参考にしてみてください。

業務用エアコンの風についてのお役立ちコンテンツ

業務用エアコンの風が苦手な人
業務用エアコンを運転している時に、気になるのが風が直接あたるということではないでしょうか?業務用エアコンの風が直接当たるのが苦手という人は結構多いです。とくに、女性の方などに多いです。そんな人に、おすすめなのが風よけカバーです。このカバーをルーバーに設置することによって業務用エアコンの風が直接自分にあたるのを防ぐことが出来ます。この風よけカバーについては、インターネット通販などで簡単に購入することが出来ますので、業務用エアコンの風があたって寒いなどという場合には、購入を検討してみるとよいでしょう。価格は色々なタイプのものがありますがだいたい1万円前後で購入することが出来ますよ。

業務用エアコンの風向について
業務用エアコンを運転する時に、覚えておくと便利なのが風向についてです。業務用エアコンの風向を調整するためには、リモコンで操作しますがどのような設定にしていますか?業務用エアコンの場合、冷房運転時には風向を水平もしくは自動にするのがおすすめです。冷房を運転する際に、風向が下向きになっていると部屋を涼しくするのに、時間がかかりますし、部屋全体を涼しくすることが出来ません。もしも、冷房が効かないと感じたら、風向をチェックしてみてください。風向が下向きになっているという場合には、水平もしくは自動に調整すると、冷房を効果的に使用することが出来ますよ。ぜひ、今後使う時にはチェックしてみてください。

業務用エアコンの風量の設定は?
業務用エアコンの運転をする際に、迷うのが風量についてです。業務用エアコンの風量はどれに設定しておけばよいのでしょうか?機種などにもよりますが、強風、弱風などいくつかの設定から選べるようになっています。業務用エアコンの風量は、自動に設定しておくのがおすすめです。自動に設定しておくことで、一番効率的な形で調整をしてくれるからです。業務用エアコンの風量を設定するのはとても簡単で、リモコンから簡単に設定することが出来ます。操作方法がわからないという場合には、説明書を見ながら操作をしてみるとよいでしょう。今までは、風量を頻繁に切り替えていたという人はぜひ、自動で運転するようにしてみてください。